ポケモンカード大会_シールド戦で活躍しているポケモン一覧とデッキ作成事例をを公開します!

こんにちは、ブログ運営者のみ〜とです。

9月20日から第一回目シールド戦の抽選が始りました。この大会は3回に分けて開催されますので抽選が外れたとしてもチャンスは3回ある大会になります。

開催時期は、各地で行われており近場の会場を選択することも可能ですし、遠く離れた田舎の会場を選択することも可能です。自由に選んで参加しましょう。

シールド戦開催時期

 第1次:09月30日(金)〜10月31日(月)
 第2次:11月01日(火)〜11月30日(水)
 第3次:12月01日(木)〜12月31日(土)

なんと、優勝者には以下プロモカードも配布されるカードも希少性が高く人気ポケモンのルカリオになります。めっちゃ欲しいですね٩( ᐛ )و

トーナメント優勝者配布商品リーグ戦優勝者配布商品 

本記事では、シールド戦で活躍するポケモンの一覧と自主リモート大会での大会優秀者のデッキを公開していきます。デッキ考察も簡潔に説明していきますので、この記事を見た方の中で優勝される方が出て来れば幸いです。

収録カード評価

シールド戦におけるデッキ構築は、10パックから出たカードに大きく影響します。そのため、初心者の方でも優勝しやすい大会であり、シールド戦における最大の魅力だと考えています。

ただ何もしなくても大会で優勝することはできず、「パックに収録されているカードの種類を把握しておくこと」「ポケモンカード対戦におけるプレイスタイル」は大会に向けて勉強しておく必要があります。

実際に構築をしてプレイするのは読者の皆様です。参考になった部分だけ参考にしていただければ幸いです。

草ポケモンの収録カード

ストライク&ハッサム
【エネ種を選ばない鋼アタッカー】
 ・シザークロスはエネ1で使いやすい。
 ・デンジャラスクローはほぼ全てのタネポケモンを倒せる火力

【採用前提&プレイング】
 ・どちらのポケモンも2体以上必要。
 ・対戦中に進化できる可能性を上げる必要あり
 ・相手がタネ主体 or 鋼弱点なら優先的に育てる

【プラスorマイナスポイント】
 ・ザシアン&ザマゼンタをワンパンできる火力がある
ヤンヤンマ & メガヤンマ
【相手のベンチを攻撃できる草アタッカー】
 ・エネ1で相手のベンチポケモンと対戦ポケモンに攻撃可
 ・ジェットウイングはVポケモン以外はほぼワンパン

【採用前提&プレイング】
 ・どちらのポケモンも2体以上必要。
 ・対戦中に進化できる可能性を上げる必要あり
 ・使いタイミングは限定されており、プレイング難

【プラスorマイナスポイント】
 ・エネ加速できないとコスパが悪い。
マスキッパ

特に採用する理由は見当たらない。

【プラスorマイナスポイント】
 ・後半の活躍出番なし
 ・「ただれるだえき」は草エネが必要
 ・火力不足
  ジャローダV & VSTAR

【強力なVポケモン草アタッカー】
 ・エネ5枚ついた状態でVSTARパワーを使えばワンパン
 ・ロイヤルミキサーで必要なポケモンにエネ分散可

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引ければ採用必須
 ・相手が炎ポケモン主体の場合は要注意
 ・ロイヤルミキサーでのエネ分散は必要な時のみ

【プラスorマイナスポイント】
 ・草エネ一枚で残り2エネはエネ種を選ばない
 ・草タイプ以外ともデッキを組みやすい
 チェリネ & ヒスイドレディア

弱くはないが、
草ポケモンを主流とするポケモンがいない。採用非推奨

【プラスorマイナスポイント】
 ・0エネで草エネルギの加速が可能
 ・草エネを多く採用する場面が少ない。
かがやくアマージョ

【HP回復機能をもつ優秀なサポートポケモン】
 ・非Vポケモンが場に呼び出される可能性低い
 ・控えにこのポケモンがいることで勝敗を変える可能性有

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引ければ採用必須
 ・何も気にせず自分のターンが来たら回復
 ・わざが弱いため、エネをためる必要なし

【プラスorマイナスポイント】
 ・スタートがこのポケモンの場合、少し不利なスタート
ザルード

弱くはないが、
草ポケモンを主流とするポケモンがいない。採用非推奨

【プラスorマイナスポイント】
 ・相手のポケモンを引きずり出せる数少ない効果を持つ
 ・さんれんのムチは最大火力210であるが、幸運が必要
バドレックス

弱くはないが、
自分山札からカードをサーチしたいのは前半のみ。採用非推奨

【プラスorマイナスポイント】
 ・テンポが速い展開には不向き
 ・2エネ必要な割に低火力

炎ポケモンの収録カード

ガーディ & ウィンディ

デッキを圧縮してまで入れるカードではない。
2-2は最低必要なカード枚数

【プラスorマイナスポイント】
 ・進化しないと使えいものにならない。
 ・炎弱点が強い本シールド戦において炎ポケモンは良い
 エンテイ

【エネ種を選ばない炎アタッカー】
 ・鋼ポケモンは弱点をつくことでほぼ全てワンパン可能
 ・ジャローダVを主とする草ポケモンの弱点をつける

【採用前提&プレイング】
 ・エネ種を選ばないので、ドーブルとの連携◎
 ・相手の弱点をつくカードになりうる魅力あり

【プラスorマイナスポイント】
 ・ザシアン&ザマゼンタをワンパンできる火力がある
 ・序盤にこのカードの場合は、ダブルターボが欲しい。
 
レシラム

【エネ加速わざをもつ強力な炎アタッカー】
 ・きらめく翼で毎ターン2エネの加速可能
 ・200ダメージ出るため、ほとんどのポケモンをワンパン

【採用前提&プレイング】
 ・エネ加速を優先し、ポケモンを育てる
 ・相手のベンチ状況では、レシラムで無双していく

【プラスorマイナスポイント】
 ・特に文句なし。採用必須。
  フォッコ & まフォクシー

シールド戦において選ぶ理由はなし。
フォッコライン4-4-4・セレナが4枚でた場合のみ採用。
 ボルケニオン

【160ダメージが出る強力なタネ炎アタッカー】
 ・鋼ポケモンは弱点をつくことでほぼ全てワンパン可能
 ・ジャローダVを主とする草ポケモンの弱点をつける

【採用前提&プレイング】
 ・エネ種が炎2,水1が必要であるため、ドーブル必須。
 ・ボルケニオンは必要であれば場に出してく。

【プラスorマイナスポイント】
 ・逃げエネが3枚必要であり、重い
 ・ドーブルとの連携必須。
ヤトウモリ & エンニュート

【たねポケモンサーチが可能な炎ポケモン】
 ・デッキに眠るVポケモンを呼び出すことが可能
 ・進化後も低エネでアタッカーとして使用可。

【採用前提&プレイング】
 ・序盤にヤトウモリをバトル場に出すことが必須。
 ・エンニュートに進化できないと動きが止まるため注意
 ・後半戦はこのカードをベンチに出さない。

【プラスorマイナスポイント】
 ・相手がエネ加速している中、仲間を呼ぶはリスク高。
 ・序盤にこのポケモンを出せないと価値がかなり低。

水ポケモンの収録カード

アローラロコンV & VSTAR

【強力なVポケモン水アタッカー】
 ・特性を持つポケモンからワザのダメージを受けない。
 ・VSTARパワーはエネ不要。

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引ければ採用必須
 ・相手が炎ポケモン主体の場合は弱点をつける
 ・ワンパンされるリスクをいかに低減できるか重要

【プラスorマイナスポイント】
 ・ベンチで育てるのに時間がかかる
 フリーザー

【相手のポケモンを確定マヒにできるサブアタッカー】
 ・エネ2で70ダメージ+確定麻痺
 ・炎ポケモンを2パン以内で撃退できる

【採用前提&プレイング】
 ・相手が炎ポケモン主体の場合は弱点をつける
 ・確定麻痺を行うタイミングの検討難

【プラスorマイナスポイント】
 ・2エネが水エネルギーであり、エネルギーを圧迫
ホエルコ & ホエルオー

【180ダメージが出る強力な水アタッカー】
 ・ドーブルとの連携必須
 ・高HP/非V/ワンパンされないことは非常に優秀

【採用前提&プレイング】
 ・エネ種が水2,無3が必要であるため、ドーブル必須。
 ・2-2+ドーブルが出たら採用を検討要。

【プラスorマイナスポイント】
 ・逃げエネが4枚必要であり、重い
 ・ドーブルとの連携必須。
ヒンパス & ミロカロス

弱くはないが、
2-2出た場合、かつ水ポケモンを主とするデッキの場合検討

【プラスorマイナスポイント】
 ・テンポが速い展開には不向き
 ・2エネ必要な割に低火力
 ラプカス

特に採用する理由は見当たらない。

【プラスorマイナスポイント】
 ・活躍出番なし
 ・つかいどきがわからないカード
カイオーガ

【180ダメージが出る強力な水アタッカー】
 ・ドーブルとの連携必須
 ・非V&相手の控えを攻撃できることは非常に優秀

【採用前提&プレイング】
 ・エネ種が水3,無1が必要であるため、ドーブル必須。
 ・ドーブルが2枚以上入るデッキには採用検討

【プラスorマイナスポイント】
 ・逃げエネが3枚必要であり、重い
 ・ドーブルとの連携必須。

超ポケモンの収録カード

かがやくフーディン

【ダメカンを相手にスワップ可能なサポートポケモン】
 ・マイルドルーラーはエネ2で使いやすい。
 ・特性は気にさず使っていこう

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引ければ採用必須
 ・何も気にせず自分のターンが来たらエネスワップ
 ・わざも強いため、エネをためて攻撃も可

【プラスorマイナスポイント】
 ・スタートがこのポケモンの場合、少し不利なスタート
タマタマ & ナッシー

特に採用する理由は見当たらない。

【プラスorマイナスポイント】
 ・エネ3の割には火力不足
 ・超ポケモン主流のデッキ組みにくい
ルージュラ

特に採用する理由は見当たらない。

【プラスorマイナスポイント】
 ・Vポケモンに倒される場面がなかなかこない。
 ・攻撃力も低くつかいにくい。
ミュウツー

【180ダメージが出る強力な超アタッカー】
 ・相手のサイド3枚は容易にクリア可
 ・さいこバンブでエネ加速可

【採用前提&プレイング】
 ・後半に火力が出るカード
 ・序盤の立ち回りが難しい

【プラスorマイナスポイント】
 ・中途半端な火力であり、Vポケモンをワンパンできない。
ラルトス & サーナイト

弱くはないが、
進化を前提としたカードであるため、デッキを圧迫する

最低2-2-2が出ないと採用は難しい。
手札を加速+トラッシュにカードを送るカード
ホウオウVと相性が良い

クチートV & VSTAR

【強力なVポケモン超アタッカー】
 ・必要エネが少ない かつ エネ種を選ばない
 ・VSTARパワーがボスの指令と同じ効果で優秀

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引ければ採用必須
 ・控えポケモンを呼び出すタイミングは間違えない
 ・弱点を突かれないように注意。

【プラスorマイナスポイント】
 ・鋼タイプのポケモンに2枚どりされないように注意
ャスパー & ニャオニクス

弱くはないが、
自分山札からカードをサーチできるが、
このポケモンを進化させることが難しい。

この進化ラインを活用するためには、
サポートカードが必要になる。
カブ・テテフ

弱くはないが、
ドーブルによるエネ加速がないと厳しい。
エネバーストはエネ加速が成功した場合は、
100ダメージ以上が期待できるため、活躍する可能性有

どうしても他に入れたいカードがない場合は、
採用を検討しても良い。

超ポケモンの収録カード

かがやくジラーチ

【好きなカードを3枚サーチ可能なサポートポケモン】
 ・わざ「ほしのわざわい」は基本成功しない
 ・特性「ねがいをたくす」は序盤に決まれば、強い

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引いても採用するかは他のカード次第
 ・最後の逆転する希望として後半は使用

【プラスorマイナスポイント】
 ・嫌なカードではあるが、そこまで脅威にならない。
キアル & ギギギアル

ギギギアルまで進化できれば、強いカード
2進化ポケモンである点がネック
2-2-2採用でも、シールド戦では日の目を見ない可能性高

【プラスorマイナスポイント】
 ・後半にそろっても逆転見込み少ない
 ・ドーブルに対し魅力が劣る
コマタナ & キリキザン

特に採用する理由は見当たらない。

【プラスorマイナスポイント】
 ・Vポケモンに倒される場面がなかなかこない。
 ・攻撃力も低くつかいにくい。
マギアナV

【強力なVポケモン鋼アタッカー】
 ・Vガードエネがつくと220ダメージは強力
 ・1エネでわざが使える点も魅力的

【採用前提&プレイング】
 ・序盤に育て後半に無双する準備
 ・弱点を突かれないようにプレイングは注意

【プラスorマイナスポイント】
 ・エネ要求が高いため、序盤に倒されると厳しい
ザシアン

【1エネで攻撃可能なアタッカー】
 ・バトルレギオンは、1エネでMAX 80ダメージ
 ・非Vポケモンは2パンで倒せる火力

【採用前提&プレイング】
 ・序盤にザシアンを出せれば有利
 ・鋼弱点相手ではワンパンも可能
 ・鋼エネルギが入るデッキにはほぼマストで採用

【プラスorマイナスポイント】
 ・非Vポケモンとしては、HPが130と大きい
ザマゼンタ

【強力な非V鋼ポケモンアタッカー】
 ・特性メタルシールドが優秀すぎる
 ・わざ「かたきうち」も100ダメージと優秀
 ・前の番にポケモンが気絶して場合は、220ダメージ

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引けば採用検討
 ・ドーブルもパックから出れば採用必須
 ・中盤以降でのアタッカーとして無双可能

【プラスorマイナスポイント】
 ・非Vポケモンとしては、HPが130と大きい

無色ポケモンの収録カード


ドーブル

【採用必須エネ加速可能なサポートポケモン】
 ・いろいろパレットをいかに早く使うかが重要
 ・ドーブルがバトル場に出せる場合は、後攻有利

【採用前提&プレイング】
 ・パックから引けば採用検討
 ・いかに早くいろいろパレットを打つかのプレイ大事
 ・後半はベンチで待機

【プラスorマイナスポイント】
 ・逃げるタイミングが難しいが、そこまでのリスク無
ホウオウV

【強力なVポケモン無色アタッカー】
 ・エネコストが高いため、リファイン軸が必要
 ・エネコストが大会ため、ドーブル連携必須

【採用前提&プレイング】
 ・このポケモンを採用する場合は、エネ分散必要
 ・プレイが難しくなるが、後半ホウオウVで無双可
 ・250点出せる展開を作れるかが重要。

【プラスorマイナスポイント】
 ・エネ要求が高くプレイ難易度が高い
チルット & チルタリス

特に採用する理由は見当たらない。

【プラスorマイナスポイント】
 ・チルットのわざが続けば強力
 ・チルタリスのわざが決まる場面がない
べラップ

【逃げエネ0&手札補強可能なサポートポケモン】
 ・序盤に出せれば、山札を掘り進めることが可能
 ・逃げエネ0で後半はベンチに待機

【採用前提&プレイング】
 ・他に入れたいアタッカーがいなければ採用検討
 ・序盤は活躍するが、相手のポケモンが育つ時間増

【プラスorマイナスポイント】
 ・可もなく不可もなし

シールド戦で活躍する高評価のVポケモン 5選

イラスト総合ランキング
評価:
HP】HP270 (No.1のHP)
攻撃力】ロイヤルミキサー 190ダメージ
プラスポイント】
・エネ付け替えの効果があり、ベンチにあるエネを有効活用できる
・セレナが手札にないと呼び出せないため、逃げエネ0はプラス評価
・STARパワーは意外と強力。ここぞでワンパン
マイナスポイント】
・炎ポケモンに弱点を突かれワンパンリスクあり。
評価:
HP】HP270 (No.2のHP)
攻撃力】サドンイーター90+ベンチからバトル場に出ていたなら、90ダメージ追加。
プラスポイント】
・エネが2枚で攻撃可能であり、シールド戦では強力
・STARパワーがボスの指令効果。シールド戦はボスの指令がないため強力。
マイナスポイント】
・鋼ポケモンに弱点を突かれワンパンリスクあり。
評価:
HP】HP240 (No.3のHP)
攻撃力】スノーミラージュ 160ダメージ
プラスポイント】
・特性を持つポケモンからダメージを受けない=ホウホウVからダメージは受けない。
・STARパワーの【ぎんせつスター】はエネ0ワザのため強力
マイナスポイント】
・鋼ポケモンに弱点を突かれワンパンのリスクあり。
評価:
HP】HP220 (No.5のHP)
攻撃力】ホワイトブレイズ200
+ポイント】
・[きらめくつばさ]でエネ加速可能。
・非Vポケモンはワンパン可能。VポケモンはジャローダVがワンパン可能
・最初のターンに出せればかなり有利にバトル展開可能
ーポイント】
・水ポケモンに弱点を突かれワンパンのリスクあり。
評価:
HP】HP230 (No.4のHP)
攻撃力】レインボーバーン100+ 基本エネルギーのタイプの数×30ダメージ追加。
+ポイント】
・雷ポケモンは存在しないため、弱点を突かれない。
・無色エネ4枚で攻撃可能なため、どのデッキにも入れることが可能
ーポイント】
・エネ4枚必要なため、エネ加速サブポケモンとの連携が必要。

シールド戦で活躍する非Vポケモンの一覧と評価

評価:
役割:たねポケモンを山札からサーチ
わざ「なかまをよぶ 」で自分の山札からたねポケモンを1枚選び、ベンチに出すことが可能

シールド戦においてサポートカードが充実していません。
タネポケモンを山札からサーチできるポケモンは、デッキに必須。

評価:
役割:メインアタッカー

特性:このポケモンにエネルギーがついているなら、このポケモンが受けるワザのダメージは「-30」される。

わざ:かたきうち100+ 前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていたなら、120ダメージ追加。

評価:

役割:メインアタッカー
わざ:バトルレギオン20+自分のベンチポケモンの数×10ダメージ追加。このワザのダメージは、弱点と、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。
評価:
役割:自分のポケモンを毎ターン20ずつ回復可能
特性:[エレガントヒール] 自分の番に1回使える。自分のポケモン全員のHPを、それぞれ「20」回復する。
評価:
役割:手札補強
特性「リファイン」は、自分の番に、自分の手札を1枚トラッシュするなら、1回使える。
自分の山札を2枚引く。

シールド戦においてサポートカードが充実していません。
1ターンに山札からカードを複数枚引くことができるポケモンは、序盤に必須。
評価:
役割:手札補強
わざ「サイクルドロー 」で自分の手札を1枚トラッシュ。
その後、自分の山札を2枚引くことが可能

シールド戦においてサポートカードが充実していません。
1ターンに山札からカードを複数枚引くことができるポケモンは、序盤に必須。

評価:
役割:エネ加速
わざ「いろいろパレット 」は自分の山札を上から5枚見る。
その中から基本エネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモン1匹につける。
その後、残りのカードは山札にもどして切る。

シールド戦においてサポートカードが充実していません。
1ターンにエネルギーを複数枚引くことができるポケモンは、序盤に必須。

自主リモート大会1回目のデッキ一覧

全員レシラムVが出ているのはすごいですね。

こういう組み合わせの場合はレシラムVの弱点を付けるアローラロコンが活躍した結果になりました。1位の方はラルトススタート以外はどのポケモンでも立ち回れるデッキ構成になっており、安定感のあるデッキ構成になっていました。

また、Vポケモンが3種類と非Vの能力に頼らず力で押し切ることができたため優勝できた可能性あり。対戦結果は以下のような組み合わせになっています。

[1位]




[炎X水ポケモン] デッキ サポート7枚 / エネルギ16枚

強いポイント:3枚のVポケモンが存在
①[レシラムV & ホウオウV & アローラロコンV]
のVポケモンがデッキ内に入っている。
②たねサーチの[ギアル]&手札補強の[べラップ]X2
+キルリア&サブアタッカーの[フリーザ]とバランス
の取れたデッキ構成。

弱い点:マギアナによるワンパンリスクあり
特殊エネつきのマギアナがいるとレシラム+アローラロコンがワンパンされる。
[2位]
デッキ非公開。
[3位]
[炎X草ポケモン] デッキ サポート10枚/エネルギ15枚

強いポイント:安定感のあるデッキ構成
① [レシラムV & ジャローダV]
のVポケモンがデッキ内に入っている。
② ヤトウモリ4枚入っており安定して好きなVを
召喚可能なデッキ構成。

弱いポイント:Vポケモンが順調に育つのかが勝負
Vポケモンが倒れると戦えるポケモンがいない。
サブアタッカーがエンニュートのみ
[3位]
[炎X水ポケモン] デッキ サポート:10枚 / エネルギ:16枚

強いポイント:
① [レシラムV & クチートV]
のVポケモンがデッキ内に入っている。
② ヤトウモリ2枚入っており安定したタネポケサーチ
とドーブルのエネ加速で他のポケモンを一気に育成。

弱いポイント:序盤のたねポケモン大事
ストライクorボルケニオンスタートの場合は事故る可能性あり。エネ加速できるかが肝のデッキ
[5位]
[炎X草ポケモン] デッキ サポート5枚/エネルギ17枚

強いポイント:安定感のあるデッキ構成
① [レシラムV & ジャローダV]
のVポケモンがデッキ内に入っている。
② 複数種のたねポケモンが入っており、うまく回れば強力なデッキ構成

弱いポイント:序盤のタネポケモンに不安要素あり
進化ポケモンが5枚 / タネポケモンが11枚と順調に進化できない可能性あり

優勝デッキまとめ

まだまだ研究段階で、これから強い組み合わせや連携を考えていく時間があります。この記事も最新情報がありましたら更新していきますので、ぜひシールド戦が終了するまで定期的に見ていただけたらと思っております。

優勝デッキ一覧は、以下のTwitterリンク先を参照してください。

大会優勝者デッキ例

ffFkFf-oV7YAL-Vfd1kV

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA